接客業で大切なのは「誠実さ」と「愛嬌」。この2つがあれば、たいてい乗り切れる!?

私は接客の仕事をしていますが、実は、内心向いていないんじゃないかと思っています。

理由は、人見知りで職人気質だから。

人と接していると、疲れてしまうんです。

一人で黙々と作業をしているのが、性に合っているかな。

ほら、休みの日は部屋に閉じ籠もって、ひたすら編み物をするのが大好きだもの。

 

でもね、誰かの役に立ちたいという気持ちも、持ち合わせていますよ。

お客様が笑顔になって帰られると、「ああ、良かった」と嬉しくなりますから。

もしかしたら、承認欲求が満たされただけかもしれませんがね・・・。

 

ただ、こんな私が接客の仕事ができるのは、人の役に立ちたいという思いがあるからです。

 

さて、4月になって新しい仕事に就かれた方も多い時期です。

接客業で苦労されている方もいるのではないでしょうか?

 

私は、今の職場は1年に満たないけれど、以前にも接客の仕事をしていました。

これまでの経験から、接客の仕事で大切なことは、「誠実さ」と「愛嬌」だと思っています。

細かいことを上げれば、キリがありません。

あれもこれも出てきてしまいます。

なので、「誠実さ」と「愛嬌」の2点だけに絞りました。

 

「誠実さ」をもって対処することで、たいてのことは解決できます。

  • 分からないことは、先輩スタッフに聞いて対処する。
  • 失敗したら、まずは謝る。
  • 解決策を考える。

当たり前のことだけれど、自分本位になってしまうことが人間ですから、誰しもあります。

それでも、「お客様にとって、どうすることが良いのかな?」と誠実に考えて行動することで、問題解決の道が拓けます。

 

そして、「愛嬌」が必要です。

「愛嬌」・・接すると好感を催させる柔らかな様子。

まずは、笑顔で接するだけで、たいていの人は穏やかに接してくれます。

そして、声も相手に伝わるようにしっかりと出すことも大切ですよ。

例えば、相手が小声でボソボソしゃべっていても、聞き取りにくいだけでなく、余計な心配をしてしまいませんか?

ですから、私は、極力声をワントーン上げて、明るくはっきりとした声で話すようにしていますよ。

 

新しい職場では不安がいっぱいでしょうが、「誠実さ」を持ってお客様に接し、「愛嬌」を振りまきながら対処してくださいね。

では、また~♪

 

手芸店店員であり駆け出しカラーセラピストの河野朱実です。 小さな幸せを慈しむ暮らしをしていきましょうね~。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。