泣けて泣けて仕方がなかった小説。小川糸さんの『ライオンのおやつ』。

小説:小川糸著『ライオンのおやつ』

半年以上かけてゆっくりゆっくり読んだ小説、『ライオンのおやつ』。

久しぶりに、ラストまで読むことができた小説です。

涙が自然に溢れてきて、しかも鼻水までグズグズと出て、ハンカチとティッシュを使いながら、四苦八苦して読みました。

 

この本を買ったのは、2020年の春頃だったかな。

本屋さんで「あっ、小川糸さんの本だ・・・」と中身を確認することなく、著書名とタイトルだけを見て購入してきました。

読みはじめてみたら、びっくり。

重たいテーマの話なんです。

軽~く読み飛してはいけないと思いました。

だから、気持ちが落ち着いている時に、じっくりと向き合って読みましたよ。

落ち着いて本を読む習慣が薄れてきているので、ちょっと読んでは間が空いて・・・と、そんなこんなで読了まで半年以上かかっています。

 

さて、『ライオンのおやつ』の主人公は、がん患者で、余命いくばくもないという状態。

私には、想像できないこと。

小説を読みながら、なんだか自分が恥ずかしくなりました。

私は、ちっぽけなことで悩んで苦しんでいるから。

読みながら、「私は、まだ十分生きられるのに、その人生を生き切っていないのに、こんなことでめげていてどうする!」という気持ちになったりもしました。

そして、自分を叱咤激励をするだけでなく、「いろいろあったのに、これまでよく頑張ってきたね」と、自分の人生を優しい気持ちで振り返ることもできましたよ。

 

小川糸さんの文体って、心に優しくて、じわりじわりと響いてくるので大好き。

だから、重たいテーマなのに、私はちょっとずつ読みすすめることができたのかな。

読みすすめるうちに、泣けて泣けて、鼻水をすすりながら、物語の世界にハマっていきました。

小説を読むって、いいものだな~としみじみ感じましたよ。

 

小川糸著:ライオンのおやつ

 

手芸店にパート勤務するかたわら、カラーセラピストの看板を上げています。ぶきっちょに生きていますよ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。