カラーセラピーのセッションで、私が勇気を頂きました。

先日、カラーセラピストとしてセッションをしてきました。

実は、勉強会以外では、初の対面セッションでした(Zoomでは一度ありましたがね)

朝から緊張して、「どうしよう、大丈夫かな?ちゃんとお話を聴けるかな?」と気弱なことを思っていました。

 

でもね、昨年夏に行ったカラーセラピーの勉強会で、先生に言われたことを思い出しましたよ。

「緊張っていうのは、自分に気持ちが向いているから起こるの。だから、お相手に集中してみて。お話を聴くことに集中していれば、緊張は和らぎますよ」

 

あれから、セッションをする機会を得られず、半年ちょっと過ぎました。

そして、いよいよ実践です。

ちょうど、読んだばかりの『傾聴のコツ』という本に書いてあった、お相手の「物語」を受け入れることに意識しましたよ。

おかげで、緊張が和らいでいました。

まぁ、これはお相手が落ち着いていたからかもしれないですがね~。

 

さて、セッションは「これからのご自分と向き合う」ということでの、4本リーディング。

お相手の人生観や大切にしたい思いなどを、たくさん伺いました。

セッション中、語ってくださる言葉をメモしながら、「物語」を感じ取ることに集中しました。

すべての言葉が大切だけど、その中から肝になることを掴みながらお話を整理しないと要約できないんです。

ただ聴いて終わりではなく、「ちゃんと伝わっているよ」ということを、あとで要約してお伝えするから。

 

お話を伺って、フィードバックして、そしてヒーリングカラーを決めて・・・。

一通りセッションができました。

ただ、「私、ちゃんとセラピストとしてお話を聴けていたかな?」と心配・・・。

でもね、「自己認識が、よりしっかり整理されてよかった」という感想を頂いたので、まずはホッとしています。

 

それからね、セッションが終わってから、「私のほうが、お話を聴くことで癒やされているんじゃないかな?」と感じていました。

励まされたというか、勇気をもらった・・・、そんな感じでしたよ。

そして、語ってくださった思いに触発されて、私はカラーセラピーをもっと学びたい、深めたいなという意欲が湧いてきました。

パートをしながらセッション経験を積むのは大変だけど、セッションの機会を作っていこう!という、前向きな気持ちにもなっています。

精進するよ~!

 

今回、お相手くださったNさん。

ありがとうございました。

そして、ご縁に感謝しています。

 

手芸店店員であり駆け出しカラーセラピストの河野朱実です。 小さな幸せを慈しむ暮らしをしていきましょうね~。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。