不調のときの過ごし方。最低限のことができたらOKとしよう

近頃、眠くて仕方がありません。

休日は、眠ってばかりいます。

外出するのが億劫です。

楽しくてしかたがなかった編み物すら、やる気がありません。

仕事だけはシフトに穴を開ける訳にはいかないから、なんとか行っていますが、プライベートでダラダラしてばかりなので、充実感がありません。

こんな生活をしていたら、廃人になりそう・・・と危機感を抱いていますよ。

 

でもね、季節が春から夏に変わり、体がついていかないからしんどいし、心もつらくなっているのかな?と感じました。

不調期なのかもしれません。

 

こんな時は、「休むことも仕事のうち」と割り切ることが良いのかもしれませんね。

 

つい、できていないことに目を向けてダメ出しをしていますが、仕事に行けただけOKだし、出勤して途中で投げ出さずに一日の仕事を終えられただけでもOKです。

最低限のことができたらOKだと思って割り切ることが、不調のときを上手に乗り切る技なのかもしれません。

 

と言っても、体力が落ちているのも体がしんどい理由だと思うので、ちょっとは運動をしなきゃね~。

でも、なんだかやらなさそう・・・。

 

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 幸せの感度を上げて、笑顔であふれる毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。