人生を変えたいなら、使う言葉に気をつけよう

昨夜、たまたまYouTubeで斉藤ひとりさんのお話を聞きました。

「ことたま」について語られていて、「泣きごとを言うと、もう一度泣きごとを味わうような出来事が起きる」と仰っていました。

その言葉を聞いて、私はドキリとしました。

最近、泣きごとを言っていることが多くないかな?と・・・。

 

特に、去年は絶不調で心のバランスを崩していました。

新しく就いた仕事に馴染めなくて、「つらい、嫌だ、苦しい、死にたい・・・」と泣きごとばかりでした。

一生懸命に良い面を見つけようとしていましたが、泣きごとが多かったかもしれません。

そのせいか、次に就いた仕事も苦しい面ばかり気になってしまい、3ヶ月で辞めてしまったのです。

負のループぐるぐるでした。

「ことたま」にしろ、「引き寄せの法則」にしろ、使った言葉に意識が向いてしまうので、良い言葉を使ったほうが人生は明るくなるのでしょうね。

 

以前、私はNLPの授業でこんなことを教わりました。

言葉を変えると、心が変わる

心が変わると、態度が変わる

態度が変われば、行動が変わる

行動が変われば、習慣が変わる

習慣が変われば、人格が変わる

人格が変われば、運命が変わる

運命が変われば、人生が変わる

ヒンドゥー教の思想哲学だそうです。

 

言葉一つで人生が変わるのなら、意識して「ツイてる」とか「ありがとう」などの良い言葉をふんだんに使いたいものですね。

さて、今日も一日ありがとう♪

 

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 幸せの感度を上げて、笑顔であふれる毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。