編み物が不調を救う?気力を回復させるための、わたしの儀式

春ごろまで編み物に夢中になっていましたが、5月下旬あたりからほとんど進んでいません。

体が重くなってきて気持ちも上がらず、何もしたくなくて、休日は眠ってばかりいるから。

それと、やりたいことが増えて、気持ちばかり焦って空回りしているからかも。

 

今日は、手帳を振り返り、自己分析をしました。

私は、1日1ページ書けるEDiTという手帳を使っていて、主に、活動の記録や体調&気分の記録を書いています。

編み物をする時も、どんな作品を編み、開始時間と終了時間を記載しているんですよ。

この手帳のおかげで、調子良く活動できている時と不調の時が分かります。

 

ちょうど、5月に入った頃に、TCカラーセラピーを受けたいと思うようになり、気力が湧いていました。

また、押入れにしまい込んでいたミシンを出して試し縫いをし、久しぶりに洋裁もやりたいと思うようになっていました。

そうそう、レジンをやってみようと思うようにもなっていました。

やりたいことだらけ。

なのに、徐々に不調に陥り、思うようにいかなくて、空回りしていたのかな~?

 

今日は、珍しく、ゆっくりしつつ、お掃除をしたり、買い物に出かけたり、また編み物もやって時間を有効に使いました。

気持ちが満足できる使い方ができたせいか、心に余裕ができましたよ。

 

さて、私にとって、編み物はエネルギーの源。

理由は、心から「楽しい」と思える活動だから。

 

洋裁もハマればきっと夢中になれます。

以前は楽しんでやっていたから。

でも、生地を裁断するのに場所を取るし、ミシンを出すのも億劫でやらなくなりました。

 

ところが、編み物は場所を取ることなく、チマチマと編むことができます。

また、テレビを見ながらだってできちゃうから、2つの楽しみを同時進行できて嬉しいのです。

あとは、ただただ「好き」の、ひと言です。

性に合うんですよね~。

 

編み物と言っても、かぎ針編みが主です。

棒針編みは苦手。

 

大好きなかぎ針編みに、夢中になると、私は元気が湧いてきます。

今年は、1月下旬にレース編みのテーブルセンターを編み始めました。

そうしたら、楽しくて楽しくて、ちょっと時間ができると編んでいました。

休日は、レース編み三昧でしたよ。

おかげで気力も充実していました。

 

編み物に夢中になれるかどうかが、私にとって、調子が良いか悪いかのバロメーターです。

なので、しばらくは編み物に集中することにしてみました。

「楽しい」という気分をしっかり貯金して、気力を回復させますよ~!

気力が充実してきたら、きっと他のやりたいことにも手が出せるでしょうからね~。

 

ちなみに、今編んでいるのは、みぃママさんの『あみんぐショール』です。

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 幸せの感度を上げて、笑顔であふれる毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。