ドキリ!私って、愛情が乏しいかも・・・。セラピストとして致命的かな~?

TCカラーセラピーの14日間プログラムで、色を通じて自分と向き合うワークをしています。

今日は、ピンクを通じて、自分と向き合いましたよ。

 

TCカラーセラピーでは、ピンクは愛情の色。

恋愛、自己愛、ユニバーサルラブ、与える、無条件の愛、ボランティア

 

この、ピンクのキーワードを元にして自分と向き合ってみたら、思考停止しました。

というのは、人を愛した経験が乏しいし、子供を産み育てた経験もない。

しかも、自分をちゃんと愛せているのか?というと、なんだかよく分かりません。

 

思いやりの心はあると思っていますよ。

でも、セラピストとして、与える愛が私にはあるのだろうか・・・と考え込んでしまいました。

 

うわ~、これってまずいかも・・・。

深い闇があるのかもしれない。

 

負のスパイラルに陥りそうだったので、考えることを一旦やめました。

今度、TCカラーセラピーの勉強会に行くので、その時に相談してみようかなと思い棚上げしました。

 

さて、時間をおいて、今、もう一度振り返ってみたら、「ピンチはチャンス」と捉え直すことができていますよ。

人を愛したり、自分を愛することについて分からなくなってしまう人が、少なからずいるということ。

自分自身がカラーセラピーを通じて、愛について向き合うことができたら、きっと何か変化が起きると思うのです。

その経験は、役に立つのではないかと感じていますよ。

 

そうそう、「転んでもただでは起きない」のが、私の良いところ。

亀の歩みですが、一歩ずつ前に進みますよ~♪

 

自分と向き合うのって、時にはつらいこと。

でも、向き合って気づきを得ることで、次の扉は開かれます。

たまには、ひとり時間をつくって、ご自分と向き合ってみてくださいね。

 

では、また~♪

 

 

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 幸せの感度を上げて、笑顔であふれる毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。