ネガティブな思いに振り回されてしまう自分と、どう向き合っていこう?

カラーセラピー(4本リーディング)

今日は、久しぶりにセルフセラピーをしました。

テーマは、「ネガティブな思いに振り回されてしまう自分と、どう向き合っていこう?」です。

 

私には、ものごとの両面を見つめる力がちゃんとあります。

でもね、気持ちが落ち込んだとき、つらいことが重なった時、そして、嫌なことや思い出しなくないことが脳裏によみがえった時、そんな時に「死にたい」とつぶやく悪い癖がついています。

そんな強烈な負のパワーを持った言葉をつぶやくようになったのは、抑うつ状態になった時。

診断されたのは31歳の時でしたが、症状が出始めたのは20代の終わり頃でしたから、かれこれ18年。

それ以前にも、ネガティブ傾向はあったけれど、まだマシだったと思う・・・。

 

それが、抑うつ状態になってからは、プラスに転じるはずの言葉を使っても、ちっとも気分は変わらず重たいまま。

時折、ちょっと上がっても、また落ちる、というのが長く続いていました。

その名残かな?気分が落ちることを極端に恐れるようになったのです。

そして、働くようになった現在も、心は過敏です。

 

「使う言葉が人生をつくる」と、本などで目にする機会があります。

知っているにも関わらず、時折「死にたい」という強烈な言葉を発してしまうのです。

そんな強烈な言葉を発してしまった時は、すぐに「大丈夫、大丈夫、とりあえず落ち着こう」と気分をなだめるようにしていますが、ネガティブパワーが強くなってしまうと、一時しのぎの言葉が通用しません。

そうなると、「もう嫌だ」と逃げ出したくなってしまいます。

 

私の最大の悩みが、「ネガティブな思いに振り回されてしまう自分と、どう向き合っていったらいいのかな?」です。

今日は、カラーセラピーのセッション練習を兼ねて、セルフセラピーで自分と向き合いましたよ。

 

選んだ色は、『イエロー・ゴールド・レッド・ブルー』です。

マニュアルを読み上げて、そしてメモを取り、そして、自分の心と向き合いました。

 

『イエロー&ゴールド』

この2色のメッセージからは、「私は、自分の意思で行動できることが幸せ」と感じていることに気づきました。

例えば、編み物や裁縫、ブログを書くことなどです。

やらなきゃと思ってやっている時は、無理をしている感じが出てしまい、あまり楽しめません。

でも、「ちょっとやってみようかな。楽しんでみよう」という気分の時は、自然に楽しめるし、喜びや幸せを感じています。

それと、仕事は義務が発生するので、いくら好きなことに関わる仕事でもつらくなってしまいます。

 

『ゴールド&レッド』

この2色のメッセージからは、「お金があったら、もっと勉強したい」と思っていることに気づきました。

カラーセラピーの上の講座を受けたいし、ビジョンスパイラルという講座も受けたいと思っていたことを思い出しましたよ。

前進したいという思いがあるんだろうな~。

 

『レッド&ブルー』

この2色のメッセージからは、「不安定になってしまうから、苦しくなるんだよね。でも、本来はちゃんとアクセルとブレーキを使い分けることができる人だよ。自信を持っていいんだよ」と勇気をもらいました。

 

どのメッセージも大切にしたいと思ったし、そこから湧いてきた思いも大事にしたいと感じました。

でもね、『レッド&ゴールド』のメッセージを軸にしたいなと思っています。

自分の幸せが何であるのかをしっかり掴んでおけたら、きっと自信にもつながると感じたから。

しばらくは、レッドとゴールドを見つめて、「私の幸せは、自分の意思で行動できること」だと確認しよう!

使う言葉は、「○○しなきゃ」でなく、「○○しよう」や「○○したいね」にチェンジだね。

 

 

カラーセラピーは、色のメッセージを聞いて、自分の思いを言葉にします。

言葉にすることで、悩みや課題が整理されていくんですよ。

ご興味をお持ちになられましたら、お近くのカラーセラピストにお声がけくださいね~。

 

河野朱実のカラーセラピーについて

 

手芸店店員であり駆け出しカラーセラピストの河野朱実です。 小さな幸せを慈しむ暮らしをしていきましょうね~。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。