物事の捉え方って、とっても大切。『運気を磨く』を読んで、改めて気づきました。

本『運気を磨く』

私は、心が穏やかで調子が良い時は、前向きに行動でき、日々の暮らしを楽しんでいられます。

ところが、体調が悪くなると、途端に心のバランスまで崩して、生きているのがつらくなってしまいます。

人間だから、きっと誰にでもあることでしょう。

でも、カラーセラピストの看板を上げたからには、心のバランスを上手にコントロールしたいなと思っています。

 

さて、先日ふらりと立ち寄った本屋さんで、『運気を磨く 心を浄化する三つの技法』という本に目が止まりました。

手に取って、つらつらとページを繰り、流し読みをしたら、欲しくなってしまい、買ってきました。

途中、なんだか読みにくい部分があって、斜め読みをしてしまいましたが、なんとか最後まで読み進めましたよ。

 

この本を読んで、改めて、物事の捉え方が、人生を左右する大切なことだと気づきました。

「ピンチはチャンス」とは、よく言ったもの。

つらい体験があるからこそ、何が幸せかを感じることができます。

 

以前の私は、「どんな出来事も、自分を成長させる大切な機会」だと、捉えることができていました。

きっと、子供の頃から本を読むことが大好きだったおかげです。

たいていの物語は、主人公がつらい出来事を乗り越えて成長していきますよね。

だから、「私も、○○のように、試練を乗り越えて行くんだ!」と、強い気持ちを持てていました。

そして、マイナスなこともプラスに転換していく力を養っていました。

 

ところが、抑うつ状態になってからは、未来を描けず、つらい日々に押しつぶされていきました。

一度心のバランスを崩すと、どんどんネガティブ思考に陥るようになったのです。

今でも、心が落ち込んだり、ネガティブな思いに引きづられると、「もう嫌だ」とか、「死んでしまいたい」という言葉が口をついて出ることがあります。

困った癖がついています。

 

なので、そんな時は、客観視。

「つらいね」と自分で自分の心を受け止めるようにしています。

そして、深呼吸して「大丈夫、大丈夫」と暗示をかけていますよ。

最近は、買ったばかりのペリドットの指輪を眺めて、「大丈夫、頑張れる」と言葉にして、奮起しています。

 

カラーセラピーでは、色のメッセージを聞いて、自分の思いに気づく機会にします。

気づくことで、本当はどうしたいのかを見つめる機会になりますから。

読書も同じ。

読みながら、ピンときた言葉や文章をから、心に響く事柄を心に止め、考えることで気づきを得ます。

そして、成長につなげます。

 

今回読んだ『運気を磨く』のおかげで、私は、マイナスをプラスに転じる力を備えていたことに気づきました。

  • 自分の力を信じよう
  • きっと、私は大丈夫

そんな思いになれましたよ。

 

では、また♪

 

本の詳細はこちら⇒『運気を磨く

 

手芸店店員であり駆け出しカラーセラピストの河野朱実です。 小さな幸せを慈しむ暮らしをしていきましょうね~。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。