語らうって、素敵だね。一人暮らしだからこそ、有り難さが身に沁みたよ

今日は、クリスマス・イブ。

私は珍しく仕事が休みだったので、実家で過ごしてきました。

我が家では、クリスマス・イブは、ケーキを食べる日という「ハレの日」。

キリスト教信者ではないのに、お祝いをします。

ちなみに、我が家の宗旨は、浄土真宗本願寺派。

 

さて、実家では、義妹(弟のお嫁さん)とおしゃべりをしながら、夕飯の支度をしました。

そして、姪っ子と甥っ子も交え、4人で食事。(父と弟はあと・・・)

クリスマスケーキも、頂きましたよ。

さすがに、こどもたちは大きくなってしまったので、クリスマスソングを歌うということまではしていないです。

でもね、プレゼントは渡しました。

食事のあとは、甥っ子が「トランプをしたい」と言ったので、「七ならべ」と「ジジ抜き」をして、遊んできましたよ。

 

私は、たまにしか実家には帰りません。

用事の帰りに寄ることも可能なんだけど、遅くなってしまうのが嫌で、直帰。

「休みの日に行こう」と思うのだけど、外出するのが億劫で部屋にこもってしまいます。

なので、忘れる頃に行くという感じです。

 

今日は、あらかじめ「おばあちゃん、クリスマスには来てね」と言われていたのと、ちょうど仕事が休みになったことが重なって、大手を振って実家へ行けました。

間が開くと、これまた顔を出し難いんですよね~。

おかげさまで、今日は、語らい・遊び・・・と楽しい時間を過ごすことができましたよ。

 

一人って、私は気楽で結構好きなんです。

でもね、あまりにも一人時間が長過ぎるのも、なんだか物足りないの。

だから、今日は、実家で何気ない話をして気持ちがほころびました。

幸せ♪

そして、こんな気まぐれな私を受け入れてくれる、義妹やこどもたちの存在が「有り難いな~」としみじみと感じましたよ。

50歳を手前にして、「家族を持っておけばよかったかな?」なんて、ちょっぴり思っています。

 

まぁ、それはさておき、家族や友人、そして、気のおけない仲間たちと過ごすのって、本当に大切なことですよね。

コロナ禍で、そんな、大切な時間を遠慮しなきゃならないのは、つらいです。

でも、またいつの日か、気軽に団欒できる日が来ることを信じて待ちますよ~。

 

では、また~♪

 

手芸店にパート勤務するかたわら、カラーセラピストの看板を上げています。ぶきっちょに生きていますよ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。