突然舞い込んだ、嬉しい出来事。 いわた書店「一万円選書」

北海道砂川にある、いわた書店さんの「一万円選書」をご存じですか?

社長の岩田さんが、一万円分の本を選んでくださるサービスが有名です。

私は、何年か前にテレビで拝見して、興味を持ちました。

※いわた書店さんについてはFacebookページをご覧くださいませ。⇒いわた書店

 

その、いわた書店さんの「一万円選書」。

新規受付は、1年に一度。

私は、2020年10月の受付時に、初めて応募しました。

一ヶ月に一度抽選が行われるそうです。

毎月下旬に、FacebookやTwitterで「○月の抽選が終わりました」というメッセージが流れます。

 

最初のうちは「抽選、はずれたのか~」と残念な気持ちになっていましたが、最近ではすっかり気に留めなくなっていました。

それが、今日、いわた書店さんからメールが届いて、びっくり!

「うそ!当たったの?」と信じられない気持ちになり、何度もメールを読み返していました。

そのうちに、心臓がドキドキと高鳴り、「本当に当たったんだ」と気持ちが高ぶっていきました。

 

メールを見たのは、ちょうど内科のクリニックで診察の順番待ちをしていたところ。

はしゃぎたい気分を抑えてしまったので、帰宅後メールを印刷し、今はじっくり興奮を味わっています。

 

ただね、ちょっと困ったことがあります。

アンケートを記入して返信することになっていますが、その期日が7月14日までなんです。

内容は、読書歴だけでなく、私自身のことがわかるような、家族構成や仕事のこと、これまでの人生のことなどを書き出してみてくださいとあるのです。

これが噂の選書カルテか~と、怖気づいていますよ。

2週間しかないから、ちゃんと私のことを書けるかな?

 

でも、せっかく舞い込んだ幸運。

じっくり自分と向き合って、記入するよ~!

まずは、書けるところから書いてみようかな。

なんだか、カウンセリングやセラピーを受けるみたいな感じがしています♪

 

手芸店にパート勤務するかたわら、カラーセラピストの看板を上げています。ぶきっちょに生きていますよ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。