世の中が不安な時だからこそ、自分をしっかり持ちたい

とうとう私が暮らす愛知県安城市で、新型コロナウイルスに感染した人が出たと噂が耳に届きました。

いよいよ来たか!と身構えています。

 

私は、手芸店で店員をしています。

しかも、コロナ騒ぎが始まった頃に、店では閉店セールが始まりました。

ちょうど、マスクも品薄になり、店にはガーゼ生地やマスクゴムを求める人が増え、セール目当てのお客様と一緒になり、店はごった返すようになっていました。

ですから、いつ誰から感染するか分からないという不安がありました。

 

現在は、商品が乏しくなってきて、ガーゼ生地やマスクゴムも売り切れていて、来店されるお客様の人数が減りました。

なので、感染するリスクが減ったかしら?などと思って、ちょっと油断していました。

でも、とうとう市内で感染者が出たと聞いて、不安増大。

できれば、部屋にこもっていたいと思っています。

 

でも、店は営業時間を短縮しましたが、営業しています。

シフトが入っている日は、勤務しなければなりません。

また、食料品や日用品などの買い出しや通院など、どうしても外出しなければならない時もあります。

こもりっきりという訳にはいきません。

 

それから、大きな不安要素があります。

私は、アトピーの治療で、免疫抑制剤を飲んでいます。

お医者さんに、「感染症に罹った時の影響が分からないから」と言われ、免疫抑制剤の処方を続けることを心配されてしまいました。

でも、今、免疫抑制剤を中止するとアトピーが悪化しそうなので、もう少し服用しましょうということになっています。

 

ただでさえ、毎日スマホにコロナの感染者情報が入ってくるので、嫌でも目に飛び込んできます。

できるだけコロナ情報を見ないようにしていても、なにかしら目にしています。

不安とどう折り合いをつけるかが勝負になってきました。

 

ただ恐れていても、はじまりません。

とりあえず、新型コロナウイルスに感染した時の、初期症状をネットで調べてみました。

熱が続いたり、嗅覚障害や味覚障害などを感じたら、すぐに保健所に電話しようと気持ちの準備ができました。

 

また、自覚症状が無いかもしれないので、「もしかして、感染しているかもしれない」という意識を持ち、他人に移さないようマスクをして外出しています。

マスクと言っても、お手製のかぎ針編みのマスクカバーに布を当てているだけのものです。

ウイルス対策にはならないけれど、飛沫感染を防ぐことができると思い、つけています。

 

あとは、できるだけ栄養のある食事を摂り、眠れる時にしっかり眠るようにしていますよ。

 

ほんのちょっとのことだけど、意識を「恐れ」から「できること」へ向けてみました。

まだ足りないかもしれないけれど、何もしないよりマシだから。

 

今は、こんな不安な時だからこそ、自分をしっかり持とうと思っています。

不安に押しつぶされら、気持ちが参って別の病気になりそうですからね。

 

私は、不安を軽減するために、そして気持ちがめげないように、日常生活を楽しんでいますよ。

食事を美味しいと感じて「食べること」に意識をしたり、「足もみ」をして、足がほぐれていく心地よい感覚に意識を向けています。

それから、編み物を楽しんでいますよ。

 

できることは、「今」に集中することだけです。

あなたも、こんな時でもできることで、幸せや喜びを感じて暮らしてみてくださいね♪

 

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 ジタバタすることもあるけれど、それもまたあり♪ 自分に丸をつけていく毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。