「安心」って、どうやったら感じれるようになるものなのかを考えてみた

ある方が、「安心って、どういう時に感じられるものなの?」とブログに書かれていたので、今日は安心について考えてみることにしました。

まず、「安心」の意味は、「心配や不安がなくて、心が安らぐこと。また、安らかなこと」を言うのだそうです。

きっと、心穏やかに過ごしていられる時のことを言うのでしょう。

だとしたら、やはり「心が落ち着くように過ごすこと」が大切なのかしらね~。

 

あなたにとって、心が落ち着く時はどんな時ですか?

 

私は鬱っぽくなると、心の平安が乱れて、不安や焦りが生じます。

そして、生きていることがつらくなってしまいます。

下手をすると「死んでしまいたい」とつぶやく始末です。

そんな時は、どんなにものの見方を変えてみても、つらくて苦しいという気持ちから抜けられません。

捉え方を変えると気持ちが変わるはずなのに、ネガティブなエネルギーのほうが強くて敵いません。

負のループぐるぐるになっていきます。

 

そういう時は、メンタルクリニックの先生に「まずは、心を落ち着かせるようにしましょう」と言われるので、心が穏やかになるように意識します。

  • ひたすら眠る
  • グチグチ悩みだしたら、一旦他のことに意識を向けてしまう
  • 焦って行動するのを止める
  • なにかに夢中になる

寝逃げという言葉があるのですが、眠りに逃げることで心身のバランスを整えます。そして、眠っていることで、余計な思考をしなくて済みますから、ひたすら眠ってみます。

心が不安定な時は、ネガティブな悩みがグルグルと巡ってしまいます。気づいた時点で、掃除をしたり料理をしたりと何か行動が伴うことをやってみると意識が「今、ここ」に集中できるのでネガティブから離れられます。

仕事をしていない時期に、まだ気持ちが落ち着いていないにもかかわらず、衝動的に応募をしてしまうことがありました。でもそれは、マイナスエネルギーが強いため、心の消耗が激しくなります。人生を左右する大事なことは心が回復してからのほうが良い結果が得られますから、焦って行動するのはやめたほうが無難です。

不安感が強い時は、心のエネルギーが低下している証拠です。現実逃避に近いけれど、私は編み物に夢中になり「楽しい・嬉しい」という気持ちを味わって、プラスのエネルギーで充たしました。そうすることで、心が穏やかになり、生きるエネルギーを刺激していきますよ。

 

心が落ち着くことで、幸せを感じられるようになりますし、そういう心持ちでいられると、安心感を得られます。

まずは、どうしたら心が落ち着くのか、あなたなりの方法を探ってみてくださいませ♪

 

関連記事

 

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 ジタバタすることもあるけれど、それもまたあり♪ 自分に丸をつけていく毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。