カラーセラピストとして、勇気を持ち、覚悟を持って臨もうと思う

TCカラーセラピー

先日、TCカラーセラピーの勉強会で、傾聴について学んできました。

そして、勉強会の最後にセッション練習があり、「カラーセラピーって、素敵♪」という感覚を味わってきましたよ。

 

講師の先生とマンツーマン。

セッション練習は、先に私がセラピストとしてセッションを行いました。

緊張で、「あれ?どうだっけ?」というような状態が少々・・・。

でも、「大丈夫でしたよ」と言っていただけました。

そして、「安心感があるから、話しやすかったですよ」とも。

 

講義で、「クライエントさんが言葉に詰まることがあるでしょう。その時は、待ちましょう」と言われていました。

それが、ちゃんと出来ていたそうです。

自分では気づけないことだから、勉強会でのセッション練習は貴重です。

 

話す内容は人それぞれ。

ペースも間合いも違います。

相槌や言葉を挟むタイミングは、実際にセッションをしてみないと掴めません。

それこそ、百通り、千通りもあるでしょう。

セッションは、経験が大切だな~と感じました。

講師の先生も、「経験すればするほど、学ばせていただいているという気持ちになります」とおっしゃっていました。

 

手芸店の店頭に立っていた時も、お客様一人ひとりと向き合ってきました。

その時々の状況によっていろいろありましたが、接客をしているうちに、なんとかそれらしくなっていました。

なので、場数をこなすことで、拓ける未来があるでしょう。

 

何はさておき、セッションを経験せねば!

とりあえず、相手を見つけるのが難しいなら、一人練習でも構わないからやっていこう。

ボトルを出して手順を確認しつつ、様々なパターンの組み合わせのカラーリーディングを練習しておけば、それだけは安心材料になります。

安心材料が少しでもあれば、実際にクライエントさんを前にしてのセッションも、きっと落ち着いてできるはずです。

 

さて、セッション練習の後半は、役割交代をして私がクライエントになり、講師の先生にセッションをしていただきました。

実際にやったあとだと、私の足りないところがよくわかりました。

とても、ありがたい学びになりましたよ。

 

それとね、実際にセッションを受けたら、「カラーセラピーって、なんて素敵なんだ」という感覚を再び味わえました。

その感覚は、クライエントさんに味わってほしいことだから、貴重な体験です。

 

ちなみに、今回のセッションは4本リーディング。

テーマは、「これから、カラーセラピストとして、不安とどう向き合うのか」です。

色のメッセージが心にズンと沁み、涙が出そうになりましたよ。

今の自分を受け止め、そして一歩ずつ勇気を持って進んで行こうと思えました。

 

セラピストは、自分が幸せでなければ、他人を癒やすことはできません。

私自身を癒やし、励まし、幸せを感じて生活をしつつ、勇気と覚悟も育てていきたいなぁと思いを新たにしましたよ。

 

「カラーセラピーって、どんなものなんだろう?」とご興味をお持ちになられましたら、お気軽にご質問くださいませ。

駆け出しカラーセラピストですが、精一杯セッションでお話を伺いますね。

では、また~♪

 

 

お申し込み&お問い合わせ

 

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 幸せの感度を上げて、笑顔であふれる毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。