好きなことでも壁にぶち当たることはある

今年はレース編みにハマって、レース編みをしていると楽しくて心がウキウキしていました。

でもね、今編んでいる作品は苦難の連続です。

編んではほどき、ほどいては編んでを繰り返しています。

そんなに大きな作品ではないから、もっとサクサクと編み進められると思っていただけに、思うようにいかなくてイライラしていますよ。

あ~ん、ストレスがたまる!!

 

1月から2月にかけて編んでいたテーブルセンターは、大作の割にスムーズに編み進めることができました。

その次の作品の、薔薇柄のドイリーは、2回めということもあってサクサク進みました。

2作続けて調子よく編んでいたので、今度もうまくいくはずと思い込んでいました。

なのに、何度もほどいては編み直しているので、イヤになりそうです。

 

それでも止めないのは、編み物が好きだから。

編み物の技術を磨きたいから。

上手になって、人に教えられるようになりたいから。

何より、編み物はセラピーになると信じているからです。

 

近頃、私が編み物でミスをしやすくなっているのは、きっと、集中力が落ちているからでしょう。

苦手な編み方だから・・・というのもあるかもしれません。

やたら眠くてぼ~っとしているから、というのもあるでしょう。

 

仕事で疲れてしまうのが大きな原因かな。

新人さんと一緒に仕事をするので、神経を使います。

また、私が不安げにしていると、新人さんに余計な不安を与えてしまうから、私がしっかりしなきゃと気を張っています。

そのためか、疲れがドッと出ます。

休みの日は、長時間眠ってしまうんですよね~。

そして、ぼ~っとした状態から、いきなり編み物を始めて集中しようというのが厳しいのかも。

 

こんな時は、ゆっくり休むに限ります。

編み物も、しばらく休んだほうがよいのかもしれません。

でも、休みすぎると編みかけの作品が増えてしまうので、仕事が休みの日は少しだけでも編むようにしていますよ。

 

今は、最終段を編んでいます。

今日は、調子よく編んでいたのに、途中で編んだところを確認すると目が飛んでいるところがあり、またほどきました。

結果、ちょっとしか進んでいません。

がっかりです。

 

好きな編み物を「楽しい・嬉しい」と感じて波に乗っていられる間は、編み物は程よいセラピーになります。

でも、編み物をセラピーとして人様に教える側になった場合、今の私みたいに、うまくいかなくてイライラしてしまう時は、どう対処したらいいんだろう?

そんなことを、ふと思いました。

 

まあ、こんな気づきが得られたのは、幸いかもしれません。

人生は、七転び八起きで進んでいくものです。

好きなことでも、壁にぶち当たって当然でしょう。

編み物は続けていれば上手になりますから、めげずにこれからもやっていきます♪

そして、新たな課題「うまくいかなくてイライラしてしまう時の対処法」も、考えてみますね~。

では、また~。

 

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 幸せの感度を上げて、笑顔であふれる毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。