日々を積み重ねる、ちいさなコツ

手芸店に勤務して、約11ヶ月経ちました。

来月中旬には、丸一年になるんですよ~♪

いや~、よく頑張っていますよ、わたし。

 

「自分で自分を褒めるなんて、なんてヤツだ!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私は自分で自分を褒めたり、なだめすかしたりして、毎日を積み重ねています。

だって、一人暮らしなので、話を聞いてくれる相手がいないんです。

なので、思いを吐き出す役と聞く役の、一人二役を演っていますよ。

「一人二役作戦」で自分をなだめすかそう

一人二役作戦の良いところをお伝えしますね。

  1. 一人で行うので、どんなことでも恥ずかしげもなく言葉にすることができる
  2. 言葉にすることで、自分の思いを客観的に知ることができる
  3. 自己完結できる

 

少し詳しくお話しますね。

他人が相手なら、つい格好をつけて言葉を選んでしまいます。

でもそうすると、本当の思いを押し込めてしまうことになります。

ダメな自分、格好悪い自分、黒い自分 etc.

そんな自分の心の内を知るには、言葉にすることが大切なんですよ。

 

例えば、本当は仕事なんてしたくない。家でゴロゴロしていたい。嫌だよ~!

でもさ、急に休む訳にはいかないじゃない。迷惑かけちゃうよ~。

そうは言っても、行きたくないよ~。

(逡巡)

迷惑かける訳にもいかないよね。じゃぁ、ちょっと行ってくるか!

(出勤&勤務)

仕事に行ってきたよ。頑張ってきたよ。

行きたくなかったのに、よく頑張ったね~。

 

誰もが、こんな葛藤をしていることでしょう。

なんだ、よくあることじゃない!とがっかりされたかな?

でも、こうした一人二役を演ることで、自分の思いを認めることができるのです。

自分で自分を認めることができなければ、前に進めません。

自分の思いを押し込めてしまうと、自分の感情に気づきにくくなりますしね。

一人二役の流れ

仕事に行きたくないという思いを例に・・・

  1. 「仕事に行きたくない、家でゴロゴロしていたい、何もしたくないという」ネガティブな感情を言葉にしてみよう
  2. そんなネガティブな感情を持ってはいけないと否定するのではなく、ネガティブな感情を持つ自分を認めてしまおう
  3. 「急に休んだら迷惑をかけてしまうよね」と客観的な意見を持ち出し、ちょっとだけ頑張ってみる意識付けをしてみよう
  4. 実際に仕事に行ってみる
  5. 頑張った自分を褒める
  6. 次につなげる

自分を褒めたりなだめすかしたりして、日々を積み重ねています

私は、こうして自分と対話しながら、日々を積み重ねています。

おかげで約11ヶ月仕事を続けることができました。

日々を積み重ねるには、こうした小さな工夫があると心強いですよ。

では、また~♪

 

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 幸せの感度を上げて、笑顔であふれる毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。