アトピーの苦悩。死にたいくらい、痒くてつらい!

私に、アトピーの症状が出たのは、小学5年生の頃です。

夏の一時期だけ、手の一部に出ていました。

それが、中学生になった頃に一気に悪化し、からだ全体に広がっていきました。

36年、私は痒みと闘ってきました。

 

「痒いくらいじゃ、死なないから大丈夫なんじゃない?」と言われそうですが、四六時中、からだのあちこちがムズムズと痛痒いのです。

想像してみてください、蚊に刺された時のことを。

一箇所だけでなく、何箇所も刺されると、痒くてつらくありませんか?

アトピーの場合は、24時間ずっと、どこかで痒みが発生しています。

 

しかも真っ赤になるし、皮膚はカサカサと粉をふいてくるし、皮がめくれやすくなったり、つい引っ掻いて血が出ていたりします。

首のあたりは、色素沈着と言って黒ずんでいます。

ひと目でアトピー患者と分かるくらい、痛々しい感じです。

 

私の場合は波があって、軽い時は痒くても我慢できる状態の時もあります。

でも、ひどくなると真っ赤になり、からだじゅう掻きむしってしまいます。

5月に入って急に暑くなってから、ひどくなりました。

 

ただでさえ抑うつ傾向にあるので、気分が落ちると生きているのがつらくなるのに、アトピーが悪化すると「死んでしまいたい」という気分が大きくなってしまいます。

ホント、つらい。

 

そうそう、私の場合、汗疱(かんぽう)というのも出ています。

汗が皮膚の内側で止まってしまい、水分が溜まるのです。

それがまた、ひどく痒くなります。

今年は手だけでなく、足にも出ていて、つらいんです。

私は、溜まった水分を潰して、ステロイドの入った薬を塗っています。

場合によっては、絆創膏でガードしています。

 

今年は、ちょっと治って、また繰り返し汗疱が出ているので、どんどん皮膚が薄くなっています。

そんな皮膚が脆い状態で、いたっちごっこのように汗疱が出るので、痒いし痛いしで堪りません。

 

塗り薬がなくなってきたので、明日は皮膚科に行きます。

炎症を抑える飲み薬を出してもらえるよう、強く訴えかける予定です。

実は、前回の通院では、まだ我慢できそうだね・・・と軽く捉えられたのか、強い薬は出してもらえなかったんです。

ステロイドの内服薬を使うのは好ましくないそうですが、我慢の限界なの。

 

今日の記事は、「痒い・つらい・死んでしまいたい」という負のオーラ満載になってしまい、ごめんなさい。

気持ちの持って行き場がなかったから、書いてしまいました。

では、今日はこのあたりで失礼します。

 

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 幸せの感度を上げて、笑顔であふれる毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。