「編み物」を用いたセラピストになりたい

私は、抑うつ状態に陥った時に、「死んでしまいたい」と思いつめていた時期がありました。

そのせいか、回復(寛解)した今でも、時折心が誤作動を起こして、負のループに陥ることがあります。

負のループに陥ると、生きている喜びを感じられなくなります。

そして、毎日心が苦しくてつらく、前向きに切り替えようとしても余計に落ち込んでいました。

 

そんな時に、私がやったのは、好きなことをして、心が「楽しい・嬉しい」という感情を味わうことです。

できないことは無理にしない。

好きなことに専念しました。

それが、「編み物」です。

「編み物」って、ひと目ひと目手順通りに編んでいくうちに、集中することができ、夢中になれるんですよ。

 

よく、「今、ここ」に集中することが大事だと聞きませんか?

心は、勝手に過去に飛んで、思い出したくないことを悔やんだりします。

また、未来の起きてもいないことに考えを巡らせて、不安になったりしますよね。

そうやって、クヨクヨ悩んでしまうと、心がここにあらずという状態になります。

そういう時は、食事をしても味が分からなかったりしますよね。

何をしても楽しめない状態に陥るのです。

 

そんな状態を抜け出す方法として、「今、ここ」に集中することが大切だと言われています。

料理をしたり、掃除をしたりすることでも、「今、ここ」に集中することができますよね。

また、ウォーキングなどをするのも効果があるそうです。

そして、編み物も、「今、ここ」に集中できるので、心を落ち着かせることができるんですよ。

 

編み物の良いところは、手を動かしていると形が出来上がっていきます。

その過程が楽しめます。

そして、作品が出来上がると更に達成感を味わえます。

それが、喜びに繋がり、もっと編みたいという意欲を刺激します。

「次に編む作品をどれにしよう・・・」と悩むのも、嬉しい考え事です。

人は、「嬉しい・楽しい」という感情を持つことで、生きる活力に繋がると実感しました。

 

向き・不向きがあると思うけれど、私は、「編み物」を利用したセラピーができると考えています。

何をどうしたら良いのかは、これから考えますがね~。

 

さて、そんな「編み物セラピー」。

検索してみたら、すでにやっている方がいましたよ。

まだまだ、多くはないようなので、これから私が参入しても大丈夫かもしれません。

 

と言っても、編み物を人に教えるのって、結構難しいんです。

なので、教える技術を身につけなきゃね~。

それに、セラピーにするのだから、セラピストとしての技量も身につけなければ始まりませんよね。

さぁ、これからが勝負です。

私にできるかな?

 

追記

その後、方向転換をしました。しばらくは、編み物セラピーは保留です。

 

手芸店店員であり駆け出しカラーセラピストの河野朱実です。 小さな幸せを慈しむ暮らしをしていきましょうね~。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。