「人と関わるって、大切なことだなぁ~」とあらためて感じる、今日この頃

先日、元同僚たちと久しぶりにランチに行きました。

2ヶ月ぶりに会ったのかな。

美味しいものを食べ、会話をし、楽しい時間を過ごせましたよ。

おかげで、心が救われました。

 

私は、一人暮らしをしています。

現在は外に働きに出ていないので、積極的に人に関わっていかないと、人と関わらないまま過ぎてしまいます。

一人で過ごすのはちっとも苦ではないと思っていたけれど、それは、働いていたりして人と関わる時間を持てていたからだと、改めて感じました。

 

勤めていた手芸店が閉店してから、約3ヶ月。

最初のうちは、何かと元同僚たちと会っておしゃべりをする機会がありました。

でも、それ以降はパタリと連絡がなくなり、コロナの心配もあるからと声をかけるのを躊躇っていたら、ほとんど人に会わないという状態になりました。

そして、アトピーが悪化したせいで、気分が落ち込みました。

 

人に会わないせいで鬱々としてきたのに加えて、「具合が悪くてつらい」という弱音を吐けない状態に陥り、気分は最悪。

このままだと、本当に死んじゃいそう・・・と危機感を覚えたくらいです。

 

そんな折に、たまたま私が誕生日を迎えたことをLINEで知った、元同僚の一人が連絡をくれました。

とっても、嬉しかった~。

近況報告をしあって、「会話に飢えています~」なんて返事をしたら、「また食事に行きましょうね」と言ってくれました。

そして、みんなに声をかけてくれたのです。

 

実際に会うことが叶い、おかげで心が救われました。

他愛もないおしゃべりは、しおれた心に水をやったような感じで気分が潤いました。

また、「美味しいね」と言い合いながらの食事は、ただお腹を満たすだけの孤食よりも豊かな気持ちになれました。

人は、こうして人と関わっていくなかで、気持ちを整えていくのかなぁと感じましたよ。

 

人間関係をこじらすとつらいけれど、人に関わらない生活もまたつらいもの。

元同僚たちとは、これからも頻繁に会いたいな。

それから、友人との付き合いが疎遠になっているので、これを機会にまた連絡を取ってみようかな~。

 

では、また~♪

 

手芸店店員であり駆け出しカラーセラピストの河野朱実です。 小さな幸せを慈しむ暮らしをしていきましょうね~。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。