診察時やセラピーでは、伝えたいことは、ちゃんと伝えよう。

私は、カラーセラピストの看板を上げていますが、まだメンタルクリニックに通っています。

もとは「抑うつ状態」と診断されていました。

現在も、その延長で通っています。

2004年4月に通いはじめて、もう16年。

先生とは、長いお付き合いです。

 

通常、一週間に一度通っていて、診察時には、一週間の状態をギュッと凝縮してお話してきます。

いつもは、1・仕事のこと、2・プライペートのこと、3・体調や心の状態、この順で話をします。

短い診察時間を有効に活用するには、時系列順よりも伝わりやすいから。

 

でも、先日は、いつもとちょっと違う順序で一週間の報告をしました。

時系列順です。

プライペートのことを先に持ってきて、「こんなことをして夢中になって、楽しくって・・・」という話からはじめていました。

 

すると、しびれを切らしたのか、先生は私が話している最中に「仕事は?」と質問を挟み込み、遮ってきました。

心の中で、まだ話は終わっていないのに・・・とムッとしつつ、大人の対応で「仕事は、4日の日曜に行ってきましたよ」と答えました。

でも、話の腰を折られたままにしたくなかったので、続けて「それで、仕事で使うためのエプロンを、前日の土曜日に作っていました」と伝えたかったことを全部言葉にしていました。

 

言いたいことを伝えられたので、気持ちがスッキリ。

あとは先生が質問してきたことに、穏やかに答えていきました。

 

そうそう、「気持ちはどう?」という質問に対して、「心が元気です。幸せを感じていますよ」と答えました。

先生はちょっと驚いた顔をされ、私は心の中でガッツポーズ。

調子がいい時は、調子がいいとちゃんと伝えたかったの!

 

さて、この記事を読まれている方は、どんな方なのだろうか?と想像しています。

通りすがりなのか、カラーセラピーに興味を持った方なのか、それとも、編み物に関心がある方なのか・・・と。

 

実は、この記事は、ノープランで書きたいことを書いた日記です。

なので、最後はなんと締めようかと思案中。

 

今、書いたことを頭から読み返してみて思ったのは、「伝えたいことは、ちゃんと伝えよう」です。

記事タイトルは、これに決めましたよ。

 

ということで、診察時やセラピーで大切なのは、コミュニケーションです。

一方通行だと不完全燃焼感が残ります。

診察時やセラピーの主役は、あなた。

まずは、あなたが伝えたいことは、ちゃんと言葉にしてみてくださいね。

 

この時の、「話を遮られるのは気持ちのよいものではない」と感じた、患者としての経験。

これを、カラーセラピーのセッションで大切にしたいなと思います。

 

「センセ、よい経験を頂きました。ありがとうございます」

ということで、このあたりで・・・。

では、また~♪

 

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 幸せの感度を上げて、笑顔であふれる毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。