感じの良い接客は、財布の紐をゆるませるね。私も見習っちゃおう!

昨日、カルディコーヒーファームの安城南店へ立ち寄りました。

お目当ては、お気に入りのバター。

他のものには目もくれず、バターを持ってレジに並びました。

 

レジ待ちの最後尾は、ちょうどコーヒー豆を販売しているカウンターの前。

若い女性の店員さんが、私の前のお客様に声をかけていました。

なんだろう?と思っていたら、私にも声がかかりました。

「ただいまセールをやっています。コーヒー豆はいかがですか?」という感じで。

 

「私、コーヒーを淹れるものがなくて・・・」とゼスチャーして説明すると、「こういうものもあるんですよ~」と一杯ずつカップで落とせるフィルターを案内してくれました。

「あぁ~、そうなんですね・・・。でも、一人暮らしだから、そんなに沢山いらないし・・・」と、お断りモードに。

 

でも、彼女はニッコリ笑顔で、「コーヒーはどのくらい飲まれますか?」と軽めの質問で切り替えしてきました。

「毎日飲みますよ~」と答えると、「一日に、何杯くらいですか?」と次の質問が・・・。

 

グイグイくる接客ではなく、軽い会話のキャッチボールだったので、自然に心が和んでいました。

店には香ばしいコーヒーの香りが漂い、はつらつとした店員さんは、目をキラキラさせてコーヒー豆について語ってくれました。

しかも、自分が飲んだ感想を交えながら。

 

あまりにも自然で感じよく、何より、コーヒー愛が伝わる接客だったので、私はすっかり彼女のペースにハマっていました。

「お好きなコーヒーはありますか?」という質問に、あっさりと「モカが好きかな・・・」と答えていましたよ~。

 

ついに、私は「モカフレンチをひとつ」とお願いしていました。

そうそう、セールで半額だからというのも決め手になりました。

 

でもね、それで終わりじゃなかったんです。

レジ待ちはまだ続いていて、さらに「半額になるのは、年に一回だけなんですよ。この機会にもうひとついかがですか?」ときました。

なので、「これひとつあれば・・・」と返しましたよ。

 

でも、彼女のセールスは、軽いおしゃべりモードだったせいか迷惑な感じはしませんでした。

むしろ、熱心さに好感を持ってしまったのです。

 

そんな気持ちが伝わったのか、「こちらのコーヒーはちょっとお値段が高いのですが、ブレンドもお好きなら、この半額の時に試してみてはいかがですか?」とプッシュされました。

でも、会話の途中で、突然彼女は「なんだか、押し売りみたいですね・・・」と勢いを落としたのです。

 

その時、私は反射的に言葉が出ていました。

あれ?なんて言ったんだっけ?

素敵な接客だったことを伝えたような・・・。

 

まぁ、私はその店員さんのことが気に入ったのです。

最終的に、お目当てのバターと、コーヒー豆2種類(モカフレンチ、バードフレンドリーブレンド)、そしてコーヒーフィルターを購入しました。

 

バター(私のフランス料理)

カルディーコーヒーファームのコーヒー豆

 

そうそう、帰ってきてから、店員さんの名前を聞いておくんだったなぁ~と、ちょっぴり惜しい気分になっていました。

次に行った時は、きっと多分、顔を忘れています。

名前を覚えておけば、尋ねることもできたのにね。

 

ただ、彼女の熱心さや感じの良さは、私の心にしっかり残っています。

私も手芸店で店に立った時には、あの笑顔を思い出して接客をしたいなぁと思いました。

そんなお客様との生のやり取りが、きっとカラーセラピーのセッションの際にも生きてくるでしょう。

基本の、感じの良い笑顔と熱心さ、そして誠実さを大切にするよ~♪

 

もし、あなたが、接客・販売のお仕事をされているのなら、笑顔で感じよく、誠実さを持った熱心さでプッシュしてみてくださいね。

きっと、お客様は財布の紐がゆるみますから!

では、また~。

 

 

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 幸せの感度を上げて、笑顔であふれる毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。