「生まれてきてよかった」と思えている?

昨日、NHKのドラマ10『70才、初めて産みますセブンティウイザン。』を観ました。

原作はマンガ『セブンティウイザン』。

65歳の定年を迎えた男性と70歳になる妻の物語。

70歳にして自然妊娠するというありえない物語なのに、なんだか引き込まれて観ています。

小日向文世さんと竹下景子が演じているのですが、魅力的で、微笑ましくて、なんだか心が温かくなっていますよ。

そして、二人を応援する気持ちが湧いてきて、涙までこぼれる始末です。

 

4月9日に放送されたのは、全3話のうちの2話め。

NHKのサイト

 

さて、ドラマの中で「生まれてきてよかった」というセリフがありました。

このセリフを聞いて、私、ハッとしました。

「生まれてきてよかったと、思えていないんじゃないかな?」って。

まだ、心の中に「苦しいな」と思う気持ちが勝っているような気がするのです。

 

うわ~、まずい!

セラピストなのに、自分が苦しいなんて・・・。

まだ、どこか満たされていないのかも。

 

ずっと独身で、恋人もいない。

子供を生んだ経験も、育てた経験もない。

愛を育んだ経験が乏しいからかな。

それとも、ぼやぼやと生きてきたからかな?

 

うわ~、引かれちゃいそう・・・。

 

そうだ、未来は変えられるじゃない!

これから、心を満たす経験を増やしていけばいい!

 

NLPの授業の中で、「死に際に、どんな気分で死にたいのか、気分を決めておくといいですよ」と言われたんだった・・・。

あの時、「ありがとう」と思えたら幸せだなと思っていました。

でも、すっかり忘れてぼやぼや生きています。

 

あれ?「ありがとう」というのは、気分になるのかな?

まあ、いいっか。

「ありがとう」と言える心持ちが大切な気がします。

 

ドラマの中で出てきたセリフ、「生まれてきてよかった」。

そう思える人生は素敵ですね。

 

人生100年時代なんて言われています。

百歳まで生きるのが難しくても、70歳80歳まで生きられるとすると、現在48歳の私はひよっこです。

ドラマ『70才、初めて産みますセブンティウイザン。』のように、生理が終わった私が妊娠することはできません。

でも、ぼやぼやと生きてきた私でも、心を満たしながら生きることは可能なはずです。

まずは、今を楽しみ、今ある幸せを味わいますね。

それを積み重ねていけば、きっと私も「生まれてきてよかった」と心から言える日がくるでしょう。

そう思えたら、死に際に「ありがとう」という思いになれるのかもしれないですね。

 

手芸店店員であり駆け出しカラーセラピストの河野朱実です。 小さな幸せを慈しむ暮らしをしていきましょうね~。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。