夢中になれることに出会うということは、本当に素敵なこと♪

先日、レース編みのテーブルセンターを完成させました。

40番の細いレース糸で編んだ、初めての大作です。

いや~、夢中になって編むことができて、幸せでした。

何より、完成させることができ、達成感で心が満ち足りています。

 

編み物って、やっている間は夢中になるので、他のことを考える余裕がなくなります。

私は、不安な気持ちを抱えていたり、ネガティブな感情がぐるぐる渦巻いていたときに、気分転換に編み物をはじめたら、少しずつですが心が落ち着いていきました。

夢中になることで、心の矛先を変えることができたのでしょう。

 

去年は気持ちに余裕がなくて編み物が止まっていたけれど、今年に入ってから再開しました。

でもね、あまり楽しくなかったんです。

そこで、編むものを変えて、新しくレース編みに挑戦しました。

ずっと編みたかったものなので、やってみたら嬉しくなってきましたよ。

休みの日は、他のことをほっといて、レース編み三昧。

おかげで、生活に張り合いが出て、元気が回復してきました。

私にとって、編み物は幸せの種です。

 

編み物は、充実感や達成感を味わえるので、部屋に籠もっていて何もすることがないという方には、おすすめです。

編み物以外にも手芸なら、刺繍でもいいし、つまみ細工や革細工、レジンでアクセサリーを作ったり、ビーズ細工でもよいかも・・・。

あとは、お料理やお掃除なども、充実感や達成感を味わえますよ。

気分を変えるには、何か行動をすることが良いようですから、心の病などの理由で療養中何もできない・・・と悶々としているのなら、30分だけでも手を動かしてみてくださいね。

 

いや~、でも~なんて言う言葉が聞こえてきそうですが、不安やネガティブな感情でがんじがらめになっているのなら、じっとしていては解消できません。

もちろん、無理は禁物です。

休むときはしっかり休んで、ほんのひとときだけ行動してみるのです。

 

夢中になって、元気になれることを一つ見つけることができたら、それは、あなたの宝です。

なんで病気になってしまったんだろう・・・とか、この先どうなってしまうのだろう・・・と考えてばかりいては、心がつらくなるばかり。

それならば、自分が夢中になれること探しをしているほうが、ずっと前向きではありませんか?

あなたが夢中になれるものは、あなたが探すしかありません。

ひとつだけで良いので、みつけてくださいね。

 

では、また~♪

 

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 ジタバタすることもあるけれど、それもまたあり♪ 自分に丸をつけていく毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。