過去を悔やんでも始まらない。だったら、未来を変える思考に切り替えていこう!

あの時、ああすればよかった。こうすれば、よかった。

そんな悩み、ありませんか?

私もね、過去のことをいつまでもグチグチ悩む人でした。

 

でも、それって無駄な悩み。

だって、解決しないんだもの!

そう気づいてからは、変えることにしましたよ。

 

-過去は変えられないけれど、捉え方を変えることはできる-

-未来は創るもの-

 

さて、過去のことを悔やんでグチグチ悩み始めたら、まずは「あぁ~、また過去を悔やむグルグル思考をしちゃったね」と、自分を受け止めることにしました。

そして「今でも苦しいよね、つらいよね・・・」と、ネガティブな感情を引き出していきました。

だって、つらい感情に蓋をして押し込めてしまうと、余計に苦しくなってしまうからです。

 

その後、「あの時は、そうしたいと思って選択した行動だったよね」と、自分に確認。

「でも、うまくいかなかったんだよね」と、またもや確認をすることにしています。

それから、「じゃぁ仕方ないよね。でもさ、ここから学んだことがあるんじゃない?」と、前向きな考えを導くようにしていますよ。

 

私は、OLから派遣添乗員に転職した時に、心が折れてしまいました。

そして、何年もそのことを悔やみ続けてきました。

「あの時、転職なんてしなければ、抑うつ状態になてならなかったかも・・・」と。

でも、それはやりたくてやったこと。

「やらないで後悔するより、やって後悔したい」という心情のもとです。

 

過去の事実を受け止めて、そこから学ぶ。

それが、未来を変えるきっかけになります。

 

あなたは、5年後、10年後どうなっていたいですか?

 

ちなみに、私はセラピストとして1人前になっていたいです。

なので、今は、自分で自分の感情を上手にお守りすることを心がけていますよ。

私自身がきちんと感情をコントロールでいていないと、クライエントさんの感情を受け止めることができませんからね~。

 

-失敗は成功の元-

つらい経験こそ、人生を豊かにします。

せっかくの苦い経験。

せめて、そこから学んで、未来に活かしていきましょうね♪

 

編み物好きな、カラーセラピストの河野朱実です。 幸せの感度を上げて、笑顔であふれる毎日を送りましょうね。

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。